中古住宅の保証

■中古住宅瑕疵保険(既存住宅個人間売買瑕疵保証責任保険)

ポイント

売主様・買主様の安心保険

最大1000万円まで最長5年間保証

個人間売買される既存住宅に<検査+保証>で安心をプラス!
中古住宅の売買で個人間でのやり取りをする場合、安心のための保証です。
お引渡しの後に発生した雨漏りや構造の不具合などの瑕疵について、最大1000万円、最長5年まで保証。
売主さま、買主さまがどちらでも加入でき、入居後の瑕疵の不安を回避できます。

加入のメリット

  1. 売主さまにとって、保証がついていると安心して購入していただけることから、販売がスムーズになります。
  2. 買主さまにとって、入居後の雨漏りなどの瑕疵の保証があることで安心してお住いいただけます。
  3. 買主さまにとっては、購入時の加入で、住宅ローン控除、登記免許税の軽減措置などの税制が優遇されます。

保証・保険のしくみ
保険のお支払い対象

金額例:一般的なお宅の広さの金額

住宅の種類サービス内容価格
戸建住宅(30坪)保証期間:1年間
保証額500万
52,240円
マンション宅(24坪)保証期間:1年間
保証額500万
48,210円
戸建住宅(30坪)保証期間:5年間
保証額1,000万
79,080円

※建物面積、保証年数で金額が変わります。
※中古住宅を売買する際に、加入できる保険で、引き渡し後は加入できません。
※保険に加入するにはインスペクション(住宅診断)が別途(38,000円)必要です。