中古住宅の保証

住宅における欠陥である瑕疵(かし)を保証する
保険をご紹介します。

瑕疵保証について

新築住宅を購入するときに「10年保証」が謳われていても「瑕疵(かし)」が絶対発生しないわけではありません。
万が一、売主が倒産してしまったり、保証に対する財務力がなかった場合に問題になります。

売主及び請負人は平成12年4月に施行された「住宅の品質確保の推進等に関する法律(住宅品質確保法)」=品確法に基づき構造耐力上主要な部分雨水の侵入を防止する部分について10年間の瑕疵担保責任を負うことが義務付けされました。
しかし平成17年11月に「構造計算書偽装問題」が発覚し、法制度では種皮者を保護するには不十分であることが明確になり「特定住宅瑕疵担保責任の履行に関する法律(住宅瑕疵担保履行法)」が制定されました。
これにより平成21年10月1日以降に引き渡す新築住宅については「保険の加入」もしくは「保証金の供託」による消費者を守るための「資力確保」が義務付けられました。

瑕疵保証あんしんポイント

①住宅瑕疵保険延長保険

一般的に住宅事業者の新築住宅における瑕疵担保責任は10年とされています。
お引き渡しから10年を経過する前に住宅診断(ホームインスペクション)を実施し、補修工事を行った場合において瑕疵保険の保証期間を最大で10年延長することが出来ます。
新築時同様に事業者が倒産してしまい瑕疵担保責任を行使できなかった場合には、住宅所有者様が補修費用を直接保険金として受け取ることが出来ます。

②既存住宅瑕疵保険

一定の基準を満たした既存住宅を宅地建物取引事業者が売買し、入居後に瑕疵が見つかった場合に補修費用をまかなうことが出来ます。
一般的に既存住宅における売主様の瑕疵担保責任は3ヶ月程度とされており、それ以降で発生した瑕疵については買主様が負担しなければならなくなります。
保険に加入することで新築時同様に事業者が倒産してしまい瑕疵担保責任を行使できなかった場合には、住宅所有者様が補修費用を直接保険金として受け取ることが出来ます。