中古住宅の保証

中古住宅の保証の一覧

既存住宅(中古住宅)を個人間で売買する場合の保険は?
中古住宅瑕疵保険
中古住宅の売買で個人間でのやり取りをする場合、安心のための保証です。お引渡しの後に発生した雨漏りや構造の不具合などの瑕疵について、最大1000万円、最長5年まで保証します。
中古住宅瑕疵保険
新築時の長期保険が満了したら?
長期瑕疵保険の延長保険
新築住宅を購入した場合、瑕疵保証10年の保険がついているのが通常です。その保証が切れてしまうと不安になりますね。10年以降が経年劣化などの不具合が発生してくるときです。そんな不安を解消できるのが延長保険です。
長期瑕疵保険の延長保険

住宅設備の故障、不具合への備えとなる保険は?
既存住宅設備保険
中古住宅を購入者された方が加入できる保険で、購入された中古住宅に設置されているシステムキッチンや給湯器などの住宅設備の故障、不具合が生じた場合の修繕費用を補償する保険です。
中古住宅設備保険
シロアリの被害対策は?
防蟻保証
新築時はシロアリの保証が5年間ついているのが一般的で、シロアリに対して予防処理がきいている期間が約5年間です。さらに防蟻保証を受けるには、新たに防蟻処理を行います。
防蟻保証