中古住宅の調査

既存住宅の現況調査や
雨漏れ診断・調査についてご紹介します。

住宅診断(ホームインスペクション)とは?

2018年4月より宅建業法の改正により中古住宅の取引が行われる際に既存住宅状況調査という住宅診断(ホームインスペクション)の説明が義務化され、宅建事業者は重要事項説明において「建物が住宅診断(ホームインスペクション)の履歴があるか、実施する意向があるか」を確認する必要があります。

住宅診断(ホームインスペクション)とは、住宅について専門知識を持つ診断士(ホームインスペクター)が、第3者的な立場で住宅の劣化状況及び瑕疵や欠陥の有無を確認しアドバイスを行う業務です。

住宅診断(ホームインスペクション)では、目視で建物の不具合の兆候や雨漏れの形跡などを確認し報告します。
事前に建物の状態を確認することでお引き渡し後のリスクを軽減することが出来ます。

中古住宅の取引だけではなく、新築住宅においては品質の確認や施工不良の有無を調査しご報告します。
また、現在お住まいになられているご自宅についても「気になる部分がある」、「保証が切れてしまう前に・・・」などを理由に住宅診断を実施される方が増えています。