新築住宅の検査

戸建住宅やマンションの
新築戸建住宅品質検査についてご紹介します。

新築住宅品質検査(住まいの検査)

戸建て住宅

①配筋検査40,000円(税抜き) 基本セット4検査(①③④⑥) 150,000円(税抜き)
全セット6検査(①②③④⑤⑥)220,000円(税抜き)
②土台確認40,000円(税抜き)
③構造体検査40,000円(税抜き)
④外装検査40,000円(税抜き)
⑤断熱材検査40,000円(税抜き)
⑥内覧会立ち会い50,000円(税抜き)
内覧会再立ち合い20,000円(税抜き)

※目視検査を基本とします。
※床下検査 別途15,000円(税抜き)
※小屋裏  別途15,000円(税抜き)

マンション

内覧会立ち会い100㎡未満40,000円(税抜き)
100㎡以上40,000円(税抜き)再立会 20,000円(税抜き)

※目視検査を基本とします。

配筋検査

基礎は建物を支える重要な部分です。コンクリートを打設する前に設計図通りに配筋されているかをしっかりチェックします。
※鉄筋探査は別途見積もり

土台確認

基礎と土台がずれていないか、アンカーボルトでしっかり固定されているか等をチェックします。
同時に基礎の仕上がり具合(ジャンカ等の有無)をチェックします。

構造体検査

柱や梁など建物の構造に係る部分は仕上がってしまうと確認ができなくなってしまいます。
柱や梁の寸法や地震などに耐える耐力壁が図面通りに施工されているかをチェックします。

外装検査

住宅において一番の天敵である雨漏り。防水の施工方法によって大きく作用してきます。
引き渡し後に雨漏れが起きないように防水状況をしっかりチェックします。

断熱材検査

引渡し後に快適な生活を迎えて頂くために断熱材の施工状況をしっかりチェックします。
※サーモスタットは別途見積もり

内覧会立ち会い

引き渡し時の内覧会の時に同行し、仕上がりの状況や疑問点に対するアドバイスを行います。