フラット35

■利用するには?

住宅金融支援機構の長期固定金利住宅ローン「フラット35」を利用するためには住宅金融支援機構が定める中古住宅の技術基準に適合することを確認するために、検査機関または適合証明技術者へ物件検査を申請し、適合証明書の交付を受ける必要があります。

サン住宅品質検査は、適合証明技術者がこの適合証明書の発行業務をおこなっています。
申請を受けて、サン住宅品質検査の適合証明技術者が物件調査を実施し、技術基準に適合することが確認されれば、適合証明書を発行いたします。
フラット35取扱金融機関に借入申込みをしたのち、融資契約をする際にこの適合証明書の提出が必要になります。

適合証明技術者が行う【フラット35】Sの物件検査については、金利Bプラン(中古タイプ基準)のみの取扱いとなります

住宅金融支援機構パンフレットより引用

インスペクションと同時検査可能!

中古住宅のインスペクション(既存住宅状況調査)と併せてお申込みいただければ、同一の検査員が既存住宅状況調査と適合証明検査を同時におこないます。いわゆるワンストップ検査になりますので、二重に申し込む手間もかからず、費用もお得です。