よくある質問

■インスペクションに関する質問

インスペクションとは建物状況調査のことをいい、決められた講習を受けた建築士が国土交通省の告示に定められた調査基準に従って行う調査です。特に既存住宅では調査部位ごとに劣化事象がないかどうかを調査し、住宅の売買時に建物の状態について報告する役割を担っています。

義務ではないので実施しなくても問題はありません。2018年4月に宅建業法の一部改正され、不動産業者は不動産の売買時に売主・買主に対して既存住宅状況調査というインスペクションを斡旋することが義務化されました。そのため、売主・買主の意向によりサン住宅品質検査のような専門家が斡旋されインスペクションが実施されることが増えてきています。

建築士が検査することで入居後に発生する可能性があるトラブルを未然に確認することが出来、修繕を行うことで購入後の生活に安心感をプラスすることが出来ます。また購入後にインスペクションの報告書を参考にリフォームやメンテナンスを行うことが出来ます。

どちらが行っても問題はありません。買主が行う場合はインスペクションの実施時にはまだ売主が所有している建物になりますので必ず売主の了承が必要になります。

例えば外壁のひび割れ、雨漏れや建物が水平に保たれているかなど建物の構造や性能についてチェックする必要があります。しっかり確認することが難しい部位もありますのでご心配でしたらサン住宅品質検査のような第三者機関にインスペクションをご依頼ください。

中古マンションを購入する場合も戸建て住宅と同様にインスペクションをすることをお勧めします。但しマンション場合は専用部分だけでなく共用部分の一部も調査対象となりますので、事前に管理組合等の了承を得る必要があります。

■中古住宅の購入を検討している方、購入済みの方

昭和56年以降に建築確認済証が交付されていて、既存住宅売買瑕疵保険に加入できれば住宅ローン控除の対象になります。

新築に比べて安価で購入することが出来るので自分好みにリフォームが出来るというメリットがありますが、中古住宅である以上、傷や汚れ、老朽化は避けることは出来ません。思わぬ欠陥が見つかり多額に費用が掛かってしまうということもあります。そのようなことを回避する為に既存住宅のインスペクションを利用するのは良い方法です。

一般的に個人間売買で既存住宅を取引する際、売主に3ヶ月の瑕疵担保責任があります。(瑕疵担保免責の契約もあります)
売主の瑕疵担保期間が過ぎてから雨漏りが発生した際、買主が修補費用の全額を負担しなければなりません。
そんな時、既存住宅売買瑕疵保険に加入していれば、本来全額負担だった修補費用が保険で補填できます。

既存住宅売買瑕疵保険にも設備特約はありますが、施工瑕疵が保険対象なので故障や不具合では保険は使えません。
そんな時、検査を行い設備保証に加入すれば、住宅設備(保険対象部分)の故障や不具合も保証対象になります。

各自治体により異なってきますが、耐震補強など決められた内容のリフォームを実施した場合に限り、補助金制度を利用することも可能です。詳しくは各自治体にお問い合わせください。

新耐震基準は、震度6強~7程度の揺れでも倒壊しないような基準として設定されています。建物の設計上で地震力に耐えられる構造基準で1981年(昭和56年)6月1日以降に確認済証の交付を受けた住宅は新耐震基準に適合しています。

既存住宅瑕疵保険で登録免許税が減税されます。

建物に不同沈下が起こった際に、保険で保証されます。
瑕疵の中でも不同沈下の件数は少ないですが、一度事象が発生してしまうと建物の倒壊の恐れもあります。一般的にはジャッキアップにより沈下修正工事を行いますが、修補費用も数百万円から一千万円を超える事例も少なくありません。

シミには様々な原因が考えられますが、サン住宅品質検査では、雨漏り調査を実施しています。雨漏り箇所を特定する調査を行うとともに、必要であれば対策工事や復旧工事にも対応します。

サン住宅品質検査では、有資格者が建物状況調査(インスペクション)を行っています。建物各部を入念に調査し、それに基づき概算費用を含めた修繕の計画案を提示したり、アドバイスを行います。

例えば外壁のひび割れ、雨漏れや建物が水平に保たれているかなど建物の構造や性能についてチェックする必要があります。しっかり確認することが難しい部位もありますのでご心配でしたらサン住宅品質検査のような第三者機関にインスペクションをご依頼ください。

当社の延長保険で更に5年、またはメンテナンス工事を実施の上、更に10年保証します。

■新築住宅の購入を検討している方、購入済みの方

サン住宅品質検査では、建物の施工中の各工程での新築品質検査を実施できます。木造住宅の検査工程の例としては基礎配筋完了時、構造体完了時、外装下地完了時、竣工時(内覧会時)に経験豊富な有資格者が検査を実施します。また内覧会などのお客様立会い時の同行のみもお受けいたします。

建築確認と瑕疵保険で第三者機関が検査を実施するということでも、制度的にも検査内容的にも建物が完璧にチェックされる訳ではありませんので、別の第三者検査を受けていただくことをお勧めします。サン住宅品質検査では、施工中の各工程で有資格者が第三者検査を行い、正しく施工されているかどうかをお客様に代わり入念にチェックします。

住宅は人の手で作られるもので、工事中多くの職種の作業員が工事に関わります。多くの手が加われば施工ミスやヒューマンエラーが起きる可能性が高くなります。そんな欠陥住宅の可能性の芽を摘み取るのが新築品質検査です。資格者がプロの目線で厳しくチェックします。

当社の延長保険で更に5年、またはメンテナンス工事を実施の上、更に10年保証します。

■その他の質問

既存住宅売買瑕疵保険に加入すれば、売主の3ヶ月間の瑕疵担保責任期間中でも保険で雨漏り修理ができます。

建築確認の手続きをして検査済証を受けている建物であれば、法令違反は基本的にないと思われます。ご依頼があれば、法適合性の調査に対応しています。サン住宅品質検査では、民間確認検査機関での実務経験者が建物の法適合性の調査に応じています。