コラム

アパートオーナーが工程検査を大事にする理由

2021.05.24

資産としてアパートを持つことを考えたとき、その建物の安全性は自分のためにも入居者のためにも重要です。第三者による工程検査は、危険なトラブルを防止出来るためおすすめといえます。今回は、「本当に必要なのかな?」と疑問を抱えている方のために、工程検査の流れやオーナーが工程検査を大事にする理由について解説いたします。

工程検査の主な流れ

アパートの工程検査は主に以下のような流れで進んでいきます。まずは申込です。当社では電話だけでなくwebから問い合わせが出来ます。次に見積もりの作成など細かな確認事項や説明があります。検査の内容が決まったら施工会社に伝え、日程などの打ち合わせへと進んでいきます。支払いが済んだら検査の実施、報告、という形になります。

いくつかの検査をセットにして提供している業者もありますので、項目を決定することはそれほど難しいことではないでしょう。また、着工中・着工済みのアパートでも「やっぱり検査をお願いした方がよかったかも…」と考え始めた場合、その時点から対応してくれる業者もたくさんあります。新築で建てるときは勿論、中古を購入する際にも是非、検査の実施を検討しましょう。

アパートオーナーが工程検査を大事にする理由

アパートオーナーが工程検査を大事にする理由はたくさんあります。まず挙げられるのは、施工ミスなどの被害に遭わないようにするためです。アパートというのはオーナーが住むための物件ではありません。そのため、施工会社によっては緊張感がなくなり、手抜き工事が行われることもあるのです。中には建築基準法違反の疑いがかかってしまうようなものもあります。大手企業による施工ミス問題も、まだ記憶に新しいですよね。実は報道されていないだけで同じような事例はありふれているといわれています。施工者の意識を高めるためにも、丸投げは厳禁。第三者による工程検査を実施すれば、しっかりと品質へのこだわりを見せることが出来るのです。

また、アパートオーナーには入居者に安全な住まいを提供する責任があります。その責任を果たすためにも、まずは建物の状態を把握しておくことが重要です。入居者を迎えてからトラブルがあってはクレームに繋がってしまいますし、家賃収入に影響してしまうことも考えられるでしょう。施工時の問題なら検査で指摘が出来ますが、施工後に問題が発覚すればより膨大な時間とお金がかかることになってしまいます

勿論、中古での購入を考えているオーナーにおいても検査は大切です。今まで何もなかったからといっても、問題が潜んでいないとは限りませんし、いつ表面に出てくるかもわかりません。インスペクションを実施すれば、メンテナンスにかかる費用なども浮き彫りにすることが出来ます。このように、あらゆるトラブルが未然に防げるため安心して資産として運用していくために工程検査は大変有効なのです。

工程検査を実施するデメリットもある?

工程検査を実施すれば、その分費用がかかります。一軒家などであれば大した費用ではないように思えますが、アパートとなると規模が大きいため、出費もかさむでしょう。検査項目にはオプションなどが用意されていることもあり、どこまでこだわるかによっても変動します。また、施工会社以外とのやりとりが増えることを手間と考える方もいます。しかし、もしも入居者を迎えてから問題が発生すれば修理費用やその間の仮住まいの手配など、出費と手間が待ち受けることになります。工程検査は安心のための投資と思えば、安いものではないでしょうか。

第三者が住むアパートの建築基準は厳しく定められている。

建築基準法や消防法では、アパートなどの集合住宅は戸建ての住宅とは異なる基準が多く設けられています。それは、入居者のプライベートを守るため、安全のため、さらに火災になった時に火災が拡大しないようにするため、避難時に困らないようにするためです。

これらの部分は完成してからでは見られない箇所も多く、工程ごとに検査を行うことが重要です。

アパートオーナー様、アパート事業者様の大事な資産を守るために。

サン住宅品質検査では、完成後の内覧会だけでなく、基礎の配筋検査構造系に加え建物の断熱材の検査アパート界壁防火基準検査などを行っています。

特にアパートが防火の基準に適合しているかどうかを検査する場合は、工程ごとに見ないと検査できない個所が多いため、工程検査をお勧めしています。オーナー様の安心だけでなく、アパート事業者様においても、第三者の検査をすることは、入居者様の安心を守るために必要です。

防水検査も建築中の検査がおすすめです。建物が完成してしまうと、正しく防水ができているのか確認することができなくなってしまいます。木造建築にとって雨漏りは構造体を痛める最大の原因になり、長い年月の中で建物の変形や、シロアリの住処になってしまうこともあります。また、正しく断熱材が充填されていない場合は、防音効果にも影響されます。

大事な資産を守るため、長く建物を維持していくためにも、建築中に重要な検査を行いましょう。サン住宅品質検査では、重要な検査をリーズナブルな価格で提供しています。建築途中でも、遅いと思わずご依頼ください。その時にできる検査をできる限り対応いたします。

まとめ

工程検査を実施することはアパートオーナーにとって大変多くのメリットをもたらします。資産として長く運用していくためには入居者の安全も自分自身の安心も必須項目です。これからアパートのオーナーになるなら、是非工程検査について積極的に検討することをおすすめいたします。

事業者様からのお問い合わせはこちらから

アパートオーナー様からのお問い合わせはこちらから

 

アパート検査

 

お申し込み・お問い合わせ
0120-077-661

お申し込み・お問い合わせ